▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

「おたくの商品、全国で何番目?」バイヤーさんの質問。

2013年12月4日

バイヤーさんの言ってたことを振り返る内容が続きます。

.
全国を飛び回ってるバイヤーさんはきっと、
いろんなところでいろんなものに出会うと思います。
食品であれば、相当たくさんな種類のものを口にする機会も多いと思います。
.
その中には似たようなものも多いと思いますし、
産地が違うけど商品はおなじようなもの、といったケースも多々あるとい思います。
.
それぞれの作り手さんや生産者さんは、みんな熱い思いでやってますし、
じぶんところのが一番おいしいと思ってると思います。
.
ただ、食べるほうの立場からすると、
1番はあの商品で、2番はアレ、3番はあれで…というように
ランクができていると思います。
.
舌も目も肥えているバイヤーさんにとって、
どの商品ならどのくらいのランクになるのははわかっていると思います。
.
そう考えると、作り手としては自社の商品がどのくらいのランクなのかを
知っておく必要がありそうですね。
.
トップ商品には叶わないけど2番目で追従したり、
5本の指には入らないけど切り口を変えてトップを取るとか、
いろんなアイデアが出てきそうです。
.
デザインもそれにつれて変化しますね。
.
似たような商品で自社のが負けてるなら
ちょっと冒険してみるとか、あるいはシンプルにしてみるとか
あるいはエコを意識するとか、
世の中に役に立つ動機づけ(エシカル消費でしたっけ?)するとか
.
いろいろアイデアが湧いてきますね!
まだまだデザインでできること、たくさんありそうです。