▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

そろそろはじめる、自社でデザイン 〈新商品③〉

2015年1月18日

ブログ②では、
これまでの既存商品を、消費者が別の使い方できないかな?と
考えてみましょう、と書きました。

で、考えてみたけど、あんまり売れなかった、あるいは、
そもそも社長が「もっと新しいことしろ!」といってGOサイン出してくれない、とか?

そんなときは、どう考えればいいか?

こうなったら仕方がない、やるか!ということで
はい、来ましたよ!【新商品】です。

ついに来てしまいましたね…
社長のハッパが背中から飛んできそうです。笑

で、ここで注意することがあります。
自社の得意な技術を使って、新商品を考えることです。

コアになる技術がある会社なら、その技術を使う、応用する、
特許があるならそれを応用する、ってことです。

そして、販路にもコツがあります。
それは、〈既存のお客さんに買ってもらえる商品を考える〉ことです。

新しい販路を開拓するよりも、いまのお客さんに買ってもらえたほうが
どう考えてもラクです。
既存顧客さんの動向や指向ってつかんでるでしょ?
だから、仮説も立てやすいってもんです。

え?

既存客さんのことがよくわからない?
接触あまりしてないって?!

いますぐお客さんと接触してください!
手遅れになる前に!!

既存客さんに販売してみて、あまりいい印象が得られなかった場合、
あるいは、会社のなんらかの事情で既存顧客さんへのアプローチが
制限されてしまった場合(この場合は、新商品より資金繰りかも)は、
いったいどうすればいいか?

八方ふさがりの状態からの脱出方法は、
その④につづく!!