▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

そろそろはじめる、自社でデザイン 〈新商品④〉

2015年1月24日

さて、前回のブログ③で、
既存客さんに販売してみて、あまりいい印象が得られなかった場合や、

あるいは、会社のなんらかの事情で既存顧客さんへのアプローチが
制限されてしまった場合は、いったいどうすればいいか?って書きました。

さあさあ、そこまでいろいろやってみて、やっぱりうまくいかないときは?

バーン、ついにきました。
ハイ、新商品です!!

正確にいうと、「新しい商品つくって、お客さんも新しく探すぞ!」ってとこです。

これですね…私も苦い経験がありまして、
お金突っ込んでハイテンションで開発してみたものの、
あれ?全然売れないぞ?!ってこと、何度もやりました。
(だから資金が残らないのか?!)

そんな新商品づくりは、
まったくあたらしい市場、新しい顧客へ向けてものをつくっていくことになります。

これ、どう考えてもリスク高いですよね?
でも、ここまでくるまでに、いろいろもがいた末ですから、
「もう、やってみるっきゃない!」状態なわけですね。

でも、ですよ?
あまりよくない事例として、
国や県の助成金を使って新商品をカタチにしたけれど、
「商品できた!…で、だれに売ろうか???」っての、ありません?

助成金の使い方を誤ると、事務手続きとか、審査の都合で、
どうしてもこういう事態になりがちです。

次回からは、モノを作ったはいいけれど、売り先がわからない!なんてことに
ならないためのコツを書きますね。