▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

いよココロザシ大学

2011年6月19日

昨日のいよココロザシ大学の集まりに参加させていただきました。
愛媛大学が会場でした。

(いよココロザシ大学とは?)

発表もさせていただきました。
私の在籍しているNPO法人 四国スイーツ88推進協議会を
代表しての発表でした。
(当理事長もこの会に参加していますので緊張!笑)

ほかにも、素晴らしい方々が沢山発表されていました。
みんな熱気ムンムン!

(こういうときってデザイナーって便利ですね。笑)

今回特に印象的だったのは、
産官学民連携のKNS(関西ネットワークシステム:産官学民メンバーの異分野コミュニティ)の方にお会いさせていただいた際、

これからはもっとデザイン(あるいはアート)の分野が活躍しなくてはいけない、と
話されていたことです。
ほかのご縁をいただいた方からも同様のことを伺いました。

これは最近の流れです。
日頃の私の周囲でもよく聞きます。

“官”いわゆる公共の立場の方からは特によく聞きますね。
意外でしたが、経産省の方々のうごきを拝見していると
それもナットクです。

私は、いろんな熱い思い、…というか、
内面から沸き起こる思いをもった方々が
フラットに、そして全国でピンポイントで繋がりつつあるのだな、と
強く実感しています。