▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

視点の切り替えは難しい?

2010年2月7日

視点を切り替えることって、
言葉では簡単ですが、
これがなかなか難しい。

かくいう私も、
ああ、難しいな、出来ていなかったなと
反省することが多々あります。

「お客さん目線。」

歯触りのいい言葉です。
でも、私たちはどれだけできているんでしょうか?

私はなにを売っているのか?
自問することは、自分の視点を確かめるのに
とても有効です。

たとえば、あなたが花屋さんだったとします。
「あなたが売っているものは?」

「私は花を売っています」

そのとうり。
まさしくそのとうり。

では、
「あなたのお客さんは何を買いに来ていますか?」

「花です。」

たしかに正解なんですが…。

ここの視点から飛躍できるかどうかは
おおきなターニングポイントです。

花を買うだけならほかの店で買ってもいいでしょう。

なぜ、お客さんがほかの店に行かずに
あなたの店に来るのか?

わかりますか??