▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

自分の立ち位置を明確に伝えはじめると、ある変化が起こり始める。

2019年1月13日

先日、ホームページ作成の見積依頼がありました。

ホームページ改修に割り振れるお金に限りがあるので、そのへんをふまえた見積を出してほしいとの依頼でした。

なんとか安さを実現してあげたかったのですが、今回はそれをやめて、通常の予算感を返答するとともに、無料系でもキレイなのができるサイトをいくつか紹介しました。

その後、連絡が無かったのですが、確認の連絡をさせていただくと、他社さんに依頼することになったとのことでした。

今回は残念な結果となりましたが、やっと自分にも「ある傾向が出てきたな 」 と感じました。

それは、自分の立ち位置を決めると、それにそぐわないお客さんは出ていく、ということです。

安いコストで無理をしてお客さんに合わせるのはもうやめよう、そう決めたんです。

適正な価格で、本当に良かったと思っていただけるような、いい仕事をしよう、と、ずっと思ってたけどなかなか言えなかったんですね。

無理して割安な仕事を提供するのは、結局はだれも得しないんです。

「立ち位置を決める」すると、その価値観に合わない人は去っていきます。

これと同じようなことが、理念やポリシーにも言えます。

企業さんが理念を作成するお手伝いをしたことがあります。

従業員さんと一緒になって、経営理念の明文化を進めていくのですが、

理念が決まってから暫くすると、それにそぐわない人が辞めていくんです。

会社のものを私物化していた人、やりたいことがはっきりせずに不満をためていた人、自分の考えがはっきりしていて独立心のあった人、そういった人たちから辞めていくんです。

一時的に戦力は落ちますが、ほかのスタッフの力が引き出されることによって、見事にカバーされていきます。

ESも向上し、結果的にCSにもいい影響が出ます。

金額を言うことを恐れず、これからは、はっきりとポリシーを伝えていこう、そう思った出来事でした。