▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

ギフトショーに来ています。

2015年2月4日

東京インターナショナルギフトショーに来ています。
今日は会期前日で、ブースの準備の日ですね。

会場はどこも必死でレイアウトを具体化しています。

私は今回、日本商工会議所のコーナーで、今治商工会議所のブースを準備しています。

商工会議所のブースは、企業さんがまとまって出品しているところもあったり、
会議所が主体的に展示しているところもあり、いろいろです。

私はぶっぐサイト出展は4年目ですが、
いつも悔しい!と思うことがあるのです。

お叱りを恐れずにいうと、
一般企業さんが出展しているブースと比べて
いろんな意味でケタがちがうんです。

気合っていうと語弊がありますが、
商談に対する気合、とでもいうのでしょうか。

もちろんスケールも違う。
おそらく金額の数字もケタが1個ちがうような…。

私がいいたのは、それだけ営業活動に投資ができるってことですし、
人員を割けるだけの成熟度があるということですね。

今回、デザイナーと一緒に来ているのですが、
彼も「くっそー!悔しい!」って言ってました。(笑)

愛媛のタオル以外の企業さんも、
展示会で自己ブースを掲げれるようになっていただきたいです!