▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

デザインの助成金活用、他県はどうしてるの?

2013年12月11日

全国のデザイン支援センターの傾向について
追記したいことがあるので書きます。

企業さんがデザイン支援センターを利用するスタイルにも
違いがあるそうです。

他県では、デザインを経営に取り入れようとするときに
まずデザイン支援センターを利用するそうです。

計画の最初の段階からスタートするということですね。

それに対して、デザインの助成金が多い地方では
なんもかんも決まってからデザインの助成金の申請をするところがあるそうです。
(それって愛媛県…?!)

決まってから申請するから、
デザイナーも決まってるし、デザインもあらかた決まっている。

これ、逆に言えば「変更できない」ってことですね。
デザインの方向性の変更をするには、
前段階までさかのぼって検討しなおす必要があります。

これ、手間かかります。

僕もいろいろとパンフレットなんかを拝見することがありますが、
助成金を使って作った年代によってテイストが異なることがあります。

助成金システムの弊害ですね。

ただ、こういう事例って他県ではあまり聞かないらしくて、
そうならないためにデザイン支援センターを設置してるのだそうです。

なるほど、勉強になりました。
デザインをする僕たちデザイナーも、気を付けないといけないですね。

企業さんにとって、いいデザインってなにか。
いいデザインのプロセスとは?

ちゃんとかんがえなくちゃいかないなって思いました。