▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

新しいデザインセミナーを考えたので企画を立ててみることにしました。

2018年10月23日

松山商工会議所デザインセミナーの画像

あるデザインセミナーのアンケートで「次回希望するセミナーは?」との答えに、こんな内容が挙がっていました。

・広告を作る考え方や視点について。

・POPデザイン。

・HACCPセミナー

・軽減税率セミナーを飲食店等が来やすい時間帯に。

・デザインの細やかな部分について。

・よりデザイナー向けのセミナー。

・広告、デザイン。

・デザインの制作方法や、注意点を学べる講座。

・創業セミナー SNS活用(広報)セミナー 売上向上セミナー ブランディングセミナー。

HACCPや軽減税率についてはデザインとはちょっと異なりますが、

みなさん、より具体的なセミナーを求めていることがわかります。

通常、無料系のセミナーでは、その考え方やエッセンスを伝える程度で、そこから先は有料の講座になりますね。

その金額は様々だと思いますが、1回3万円、または、全6回で20万円くらいなど、高額になる傾向があります。

この場合の参加者さんは、デザイナーを志す方や、社内のデザイン担当者、または、デザイン経営を学ぶ社長さんなどになりますね。

一方、地方支援機関開催セミナーの参加者さんのニーズはこうです。

「無料で」「役に立って」「すぐ実践できる内容」

極端な言い方をすれば、だれでもプロのようにデザインできるようになる、といったところですね。

なんとか、そんなセミナーができないかなあ?と、ずっと考えていましたが、ようやく答えが見つかったような気がします☆

もしも基礎から教えてあげたとしても、多人数でやるセミナーは各社デザインの方向性がバラバラなので成立しないんです。

デザインセンスなんてだれにでもあるわけじゃないし、だいたいみんなデザインで行き詰ってるので(笑)、そこを打開するのは難しいです。

それなら、いっそいまあるデザインを持ってきてもらって、みんなで考えるワークショップ型にしたらイイんじゃないか?と思いました。

他社の改善点は自社のヒントになるし、自社の具体的なアイデアは即実践に繋がります。

これを何度か続けて開催していけば、参加者さんのデザインセンスも磨かれていくはずです。

…ということで、試しに、国の支援機関でこのセミナーを企画してみますネ!

11月末の開催を目指します!

詳細は決まったらここでも紹介・募集しますので、こうご期待!