▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

別の角度から見たらわかった、中国でウケる日本文化とは?

2016年7月1日

上海から高速新幹線で4時間。
安徽省の安慶市で、日本文化発信のミニイベントをしてきました。

日本文化といえば…まーいろいろありますが
夏は祭りでしょ!ということで、流しそうめんとヨーヨー釣りと、
駄菓子くじを楽しんでもらってきました。

そうめん流しは「流水面」。
そうめんは「素面」というそうです。
中国でもそうめんは日本のものとして売ってます。

結果は・・・流しそうめんが特に大好評!
現地の竹を切ってつくってもらいました。
はじめて見るそうめん流しにみんな興味シンシン。

小さいよ2016-06-25 20.23.11 小さいよ2016-06-25 20.23.59
日本的には夏の涼の風情を味わいたいところですが、
中国の場合、流しそうめんは体験型のイベントなんですね。

最初はそうめんを食べていましたが、途中でプリンを流し始めると
子どもたちに火が付きました!

「没素面! 果冻来!」
(そうめんはいらん! ゼリーをお願い!!)

ゼリーを流すと必死でつかみ取ろうと追いかけています。
このあたり、射幸心もくすぐられるのでしょうか?

「ギャー!」「亜~~~!!」
みんなで大盛り上がりでした。

日本とはすこし違った形での文化紹介になりましたが、
手伝ってくれた現地の店員さんやその友人さんたちは
とっても明るくで気さくな方ばかりでした。

現地の目で日本の文化を見ると、一体なにが面白くて、
なにが受け入れられるのかが見えたように思います。

次は…新年旧正月に、もちつきをやりましょうか!!

小さいよ2016-06-25 18.00.03
↑浴衣がとってもお似合いのS女史。
中国と日本の架け橋となって活躍されています。

小さいよ2016-06-25 17.58.40
↑おとなりのお店の小朋友(ぼっちゃん)
ずーっと水風船を投げてあそんでました。

今回の中国では、「愛心」という、日本でいうところの“仁愛”をキーワードに
児童支援のボランティア団体さんとご一緒もしてきました。

こちらはビジネスの話題ではないのですが、
深く考えさせられた体験だったので、
後日ここで紹介しますね。