▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

東温市産のハロウィンかぼちゃ

2010年8月5日

東温市は、どてかぼちゃの産地ですが、
ハロウィン用のかぼちゃも栽培されています。

ハロウィンで使う、かぼちゃでつくった顔を
ご存じの方も多いと思いますが、

あれは、「ジャック・オー・ランタン」といって
もともとはアイルランドのお話でした。

アイルランドにジャックという飲んだくれが居て、
いつもひとを騙してばかり。

そればかりか、ハロウィンの夜に地獄からやってきた
悪魔をも騙し、自分の魂を取らない約束をさせるほど。

いつしかジャックが死んであの世へ行こうとしたが
生前の行いが災いして天国にも地獄にも行けない。

結局、元来た道を帰らされるはめに。

その道が暗くてなにも見えなかったので
悪魔に地獄の石炭に火をつけてもらい、
カブに入れて灯りにした。

というのがお話です。

この話しがアメリカに渡り、
アメリカはカブに縁がないために、
カボチャを使うようになったそうです。

東温市はもともとカボチャの生産が盛んで、
どてかぼちゃをつくってカーニバルを行うなど
生産者さんに洒落心がありました。

そして、ハロウィンの夜にもカボチャに灯りをともして、
家族で灯りの夜を楽しむようになったそうです。

つくりかたをご紹介しますね☆

●ジャック・オー・ランタンのつくりかた●

まず頭を切ります。


切ったらこんなかんじ。柿のような匂いです。


中のわたを取ります。柔らかいのですぐとれます。


大きめのスプーンやおたまで、わたを掻き出します。


きれいに取れました。底を平らに掻き出しておくのがコツです。


やわらかいペンやクレヨンなどで下絵を書きます。
針で穴を空けて下絵にするやりかたもあるようです。


下絵に沿って切っていきます。柔らかいのですぐ刃がはいるのですが、
サクッと刃が走らないように注意。


お子さんなどは、ダンボール切りやホールソーの刃でギコギコと切ったほうが
危険が少ないですね。市販のカボチャ用カービングキットを使うのもいいですね。


顔をくりぬきます。手で押すとポコッと抜けます。


顔が完成しました。かわいい顔になりました。


灯りを入れるとこんなかんじ。なんとも和みます。
和みを感じてしまうところが日本人なんでしょうか(笑)

LEDの光源もありますが、光度や色はロウソクのほうがいいようです。

8月から、東温市ではイベントがいっぱい。

●8/21(土)はハロウィンカボチャの収穫祭。
畑で食べる夏野菜と、ハロウィンかぼちゃのカービング体験。

●8/28(土)は観月祭。花火が沢山上がります。
ハロウィンかぼちゃとどてかぼちゃの記念撮影コーナーがあるようです。

●9/12(日)はどてかぼちゃカーニバル。
おおきなかぼちゃの展示が沢山あります。

●10/16,17は東温市産業まつり。

●10/31(日)は、ハロウィン祭です☆

いろいろ楽しみですね!