▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

今治スイーツコンテスト一次審査が終了!

2011年10月31日

昨日10月30日、シンボル広小路イベントで
今治スイーツコンテスト一次審査が
無事終了しました。


朝七時ころ。商店街の方が建ててくださったテントを使います。


さー、今日は頑張るぞ~!と準備開始。


だんだん形になってきたぞ!!


作品の受け入れと仕分け作業。
急がないと時間が~!!汗


さあ、開始です!!
私は司会進行でマイクを握ってたので
このあとの写真は撮れませんでした~


真剣です!!(写真は熱血公務員のTさん)
関係者も一般審査員と同じく列に並んでの参加です。


今治の有名人(?!)も、Oishii! Iine! と言ってくれました。
項目別の審査は点数形式です。
コメントも書いてくれました。

慣れないことのためにいろいろ
未熟な部分や荒削りな部分があった中で、
どうにか終えることができました。

長い間待っていただいたうえに、
真剣な審査をしてくださった
一般審査員の方々には、
本当に感謝しています。

また、参加出品していただたいエントリー企業さんも
前日寝ないでお菓子をつくってくださったりして
さぞ大変だったことと思います。

スタッフみんなで、
「おかし業者さんには本当に感謝しないとなぁ!」といって
作品を大切に扱わせていただきました。
お菓子に対する全員の意識が変わりました。

市役所の方々や業者の方も
スタッフとしてご尽力いただいたりして
感謝感激です!

商工会議所さんと市役所商工労政課さんが
一緒にこういうイベントをやるのは初めてなのだそうです。

産官学民の連携がよく言われますが
官官連携というのはあまり無いのでしょうか。

もしかしたら同じ官の中でも部署が違うと
連携が無かったりするのでしょうか?

私にはよくわかりません。

今回動いてみて
お互いの連携の大切さや、
苦労を共有することの尊さをあらためて実感しました。

意地や面子でやるものではありませんし、
指示命令だけでやるものでもありません。

でも真剣に取り組まなければ
得られないものもあるのですね。

そのことに気付かされた一日でした。


今回の審査の結果で、
現在14作品のエントリー作品から10作品に絞られます。

その10作品が来年1月15日の
コンテスト決勝に進めるわけです。

今回の反省もしなければいけませんし、
今後やるべきことは山積みです。(汗)

今回のイベントが終わってすこしホッとしましたが、
それと同時に、
今年度のこの事業を成功させねば!と
身が引き締まる思いです。

今後とも今治お土産スイーツコンテスト、および
四国今治ごっつぉーらを宜しくお願いいたします。