▲ ページトップへ

中小企業のロイヤルティを高めるワクワク系“戦略デザイン”のワクタルです

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

基準は、最も低いレベルのスタッフに合わせて設定するといいワケ。

2018年11月29日

いま、あるマニュアルを作成しています。

いずれ、市内全域で使用することになるマニュアルです。

専門の方が作成した素案を、私のほうでアレンジしています。

専門の方は、高度な知識と経験、見解を持っています。

だから、こういった方が案を作ると、「このくらいはできて当然だろう」という基準で作成します。

一定レベル以上の方にとっては、これはとても役立つ内容なのですが、

LOWレベルの方にとってみると、なんだかよくわからない内容に見えます。

その場合、考えることを止めてしまい、見ることもやめてしまいます。

しかし、いくらLOWレベルであっても、自分をLOWレベルだと思っていませんし、プライドだってあります。

だから、反発が起きます。

なにか基準を設けるときや、ルールを整備するときなどは、LOWレベルの人をベースにして考えましょう。

プロ意識もないような職場の場合は、子どもレベルに合わせるといいです。

小学校6年くらいでしょうか。

成熟度レベルが3くらい(マニュアルが整備されていて反復できる)の組織・職場なら、中3くらいでもいいのかな。

「これ、レベル下げすぎだろ~」と思えても、スタートしてみたら、それでもレベルが高い、そんなことが多々あります。

私も経験しました。

そして、自分だって大したことないよな、と、そんな気持ちでマニュアルの素案を企画しています。