▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

今治本気販促デザイン塾開催のお知らせ

2011年3月13日

今治本気販促デザイン塾開催のお知らせ

毎年この時期恒例?!の
今治本気販促デザイン塾開催のお知らせです。

日頃お世話になっている、
今治地域地場産業振興センター(通称じばさんセンター)さんで
毎年、本気塾というのが開催されています。
(じばさんセンターのホームページはコチラ)

その販促デザイン版が、この時期恒例?!の
「本気販促デザイン塾」です。

はやいもので今年で3年目となります。
あっという間…

●『いまばり本気販促デザイン塾』申込はこちら●

じばさんセンターさんのメルマガから内容を抜粋しますと…
————————————————-
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃『本気販促デザイン塾』開催のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大好評!今治本気塾シリーズ
『本気販促デザイン塾』開催いたします!

▼商品開発と販売戦略の基本を学ぶ
~ケーススタディ研修~▼

今回の講師は過去2回のデザイン塾でも
おなじみのワクタル代表 飯尾 渉 氏 !

ものづくりの最後の目的は、
もちろん「対価を得ること。」
ということは、どうしたら売れるか?ではなく、
どうしたら売れるものを作れるか?
ということになってきますよね。

そうして出来上がった商品を
最初の目論見どおり「ちゃんと買ってもらえる」
ようにする方法って皆さんご存知でしょうか。

今回のテーマは“ケーススタディ”。

今回のデザイン塾は、これから市場に出る新商品
(もちろん本物です!)を、どのように販売戦略を
立てることによって当初の計画通り売上を伸ばす
ことが出来るかどうかをワークショップ形式で
検討します。

ものづくりの計画から実際の販売までの一連の流れ
を詳しく勉強することで、あなたのビジネスが
生まれ変わります。

まずは「体験編(無料オープンセミナー)」に
ご参加ください。

●『いまばり本気販促デザイン塾』申込はこちら●
————————————————-
-体験編(無料オープンセミナー)-
「商品開発の方法には2つある」
・マーケットインとプロダクトアウト
・まずは基本となるプロセスを知る。
・市場分析と仮設立て

○日 時 :平成23年3月15日(火)
18:30~20:30
○場 所 :今治地域地場産業振興センター
4F 第1研修センター
○お申込 :平成23年3月11日(金)まで
(定員:50名)

★ 塾長 ★
ワクタル代表 飯尾 渉(いいお・わたる)氏(西条市)

*さらにステップアップを目指す人のための
「実践編(受講料5,000円)」は、
3月17日(木)から全3回開催です。

——————————————-(引用おわり)

すごくうまく言葉にしていただき感謝です!

~ここで内容をちょっとだけ事前説明~
(ネタばらし?)

えーっと、
今回の本気販促デザイン塾は、
少し堅い内容です。

これまで飯尾は「感性が大事キラキラ」って
セミナーなどで言い続けてきました。

おかげさまで、
感性という言葉に共感してくださる方も
増えてこられたなあと思っています。

セミナーが終わってから、
「チラシなどの販促物を作ったから見て欲しい」と
いう方がいらっしゃいます。

そこで目にするのは、
あまりにも感性がほとばしった内容えっ

それはそれでたしかにいいのですが、
作り手・売り手目線が強くて、

お客さんがどんな層なのかが見えにくい内容に
なっていることが多いんですよね。

そういうチラシやデザインを見ると、
どうコメントしていいのか… ウーン…シラー

感性は大事。
でも、感性だけじゃ限界があります。

もちろん感性は豊かなほうがいいんだけど、
論理的に考えることもやっぱり大切。

右脳だけで全部解決しないでしょ?
左脳もやっぱり必要。

会社は感性豊かな社長だけでは難しい。
そんな会社にはちゃーんと番頭さんが居ますよね。

感性だけで乗り切るには限界があるんです。
ロジカルに考えながら、そこに感性を乗っけていく。

ハイブリッドですよ、ハイブリッド。
感性と理屈を組み合わせるんです。

手前味噌ですが、私も今年、
ITコーディネータの資格を取りました。

ITコディネータはITの導入、維持に加えて
経営戦略の策定から日常の業務改革までカバーします。

私はもともとデザイナーですから、
感性的なデザインと論理的な戦略構築の
ハイブリッドを目指してる訳です。
(手前味噌でスミマセン~ 汗)

各企業さんが論理的に考えながら、
その企業さんならではの感性を
ハイブリッドにのっけていく。

計画があるから、ゴールに行ける。
あるいは、計画から離れるとすぐにわかる。

準備が無くて、山に登れますか?
…ハイキング程度でも軽装備が欲しいです。

地図が無くて、行き先地が設定できますか?
…いきあたりばったりの旅ならそれでいいですが、
商談する際には行き先の地図は必須です。

ロジカルな部分を見ないでいると、
理屈を考える脳がサボりはじめるわけです。

そのまま何年も経つと…
考えただけでも怖い!

論理や理屈と聞いただけで頭が痛くなって、
考えることを放棄してしまう。。。

そうなると、
「○○で△△するノウハウ」とか
「○○力アップは××するだけ!」という
文字に惹かれてしまったり、

「幸運を呼ぶ○○○」とか
「神がくれた○○パワー」とか…汗

お金があれば、商品を開発してもらって、
販路をもっているひとに頼んで売ってもらえばいいんです。

で、売れなければまた作ればいい。
繰り返していればそのうちヒットが出る。。。

でも、このご時世…あせる
そんなに余裕が無いのが現状です。

だからこれからは、
・売れる商品をつくって売り上げを上げる
・欲しいと言われるような商品を育てることと同時に、

・失敗のリスクを軽減する
・失敗の初期段階でわかるようにする
ことも大切なんです。

長くなってしまって…スミマセン!
つい熱くなってしまいました。

まだ読んでくれてます?

ありがとう!

要するに、今回の本気販促デザイン塾は
商品開発して打って出ようとする中小企業さんが、
ロジカルに商品開発や販売計画を進めていくための
施策を学びましょう、という訳です。

それも、地元有名企業さんの
実際の商品を使って(!!)

この商品、発売前なので
残念ながらここで商品名を明かすことはできません。

この商品は売れそうなのか、
それとも売れなさそうなのか?

ぜひセミナーの会場で
みなさんが判断してみてください。

その視点は自社の商品開発や
販売計画に必ず役に立ちます。

●『いまばり本気販促デザイン塾』申込はこちら●

ステップアップの実践編へ来てくださった方には、
私からなにか特典をご用意しようと思っています。

それでは会場でお待ちしています!☆ニコニコ

長文失礼しました~(汗)