▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

アイドマはもう聞き飽きた?!

2012年10月29日

6.アイドマはもう聞き飽きた?!

マーケティング用語で、これまたよく出てくるのが、アイドマ。
英文字で表すと、AIDOMAと書きます。

これ、知ってたからなんだってんだ!という声が聞こえてきそうです。
だって、私がそう思ってましたから(笑)

アイドマなんて、もうすでに古いよ!
いまさらなに言ってるんだ!

まあまあ、お気持ちはわかりますので、
ここでは、消費活動パターンの知識として覚えておきましょう。

AIDOMAは頭文字です。

Attention(注意)
Interest(興味)
Desire(欲求)
Memory(記憶)
Action(行動に移す)

はい、英文字ですね、コテコテの。

わかりにくいから、恋愛の告白で考えてみましょうか。
私が男ですから、男性目線で書かせてくださいね。

1、注意:「おや?あそこにオシャレな女性がいるぞ」
2、興味:「髪型がかわいいな。いい色のカラーだし。」
3、欲しがる:「いつかあのひととお話をしてみたいな。」
4、記憶:「ああ、あのひとの雰囲気可愛かったな、近づきたいな…」
5、行動に移す:「あの…、えーっと、その、お一人ですか?」

若かりし頃の私です(笑)。ちなみにそのあとは「涙」の結末でしたが…。

あなたが恋をしたときのことを思い出してみてください。
きっとこの行動パターンになっているはずです。
(一目惚れの場合も長い目でみればこのパターンです。)
おそらくあなたが車を購入したときも、ブランド服を手に入れたときも。

…ここで重要なのは、
あなたの商品が、興味あるひとびとの記憶にのこっていますか?ということです。
もしくは、そもそもあなたの商品は興味の対象になっていますか?ということ。

一度、あなたの商品の特性を見直してみる必要があるかもしれません。
商品に対する思い入れを一度捨てて、冷静な目でみてください。

もしかしたら、数あるライバルの商品の中で、埋没してしまっているかもしれませんよ?!

追加です:
最近はAIDOMAではなくて、AISASと言う方もいます。

それはなにかというと、
Attention(注意)
Interest(興味)
Search(ネットで検索)
Action(行動)

Share(共有する)
(←※修正2012.8)

ネット社会になってからは、消費パターンが若干変わってきたというんですね。
たしかに、なにかあればすぐ携帯かネットで検索します。

(今はSerchがスマホに変わってますね、2012.8追記)

検索して、レビューを読んだり、
会員登録して情報交換したり。

あるいは、いきなり購入してしまったり、
信頼できる友人のものを真似買いしたり。(これがいちばん確かかも?!)
「売り切れる前に即買い!」なんて言葉も雑誌にはあいかわらず踊ってます。
(2012年10月に追記)

もうAIDOMAは古いのかもしれませんね(笑)
→やっぱり基本です。