▲ ページトップへ

中小企業のロイヤルティを高めるワクワク系“戦略デザイン”のワクタルです

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

ICT教育の大会が西条で開催。遠隔合同授業の担当教師や市教委の担当者も取組発表。

2018年11月24日

西条市丹原文化会館で、eスクール ステップアップキャンプが開催されました。

4年前からお手伝いしている、西条市の遠隔合同授業の発表もあったので、私も参加してきましたよ。

文科省の基調講演のほかに、JAXAの遠隔学習、情報モラル教育指導者セミナーなどもありました。

実践発表は、広島市立藤小、大阪市立昭和中学校、徳島県足代小、高知県立山田小、そして西条市は田野小、壬生川小、西条東中がそれぞれ発表しました。

パネルディスカッションには、大阪府箕面、佐賀県武雄市、そして西条市も登壇しました。

学校現場は、プログラミング教育、タブレット活用などが課題になっていて、ICTの現場への根付きと、実践による変革が求められています。

ただ、そういったものが苦手な先生も多く、特に昭和世代のベテランたちは、ICTに馴染めない、というかついていく気が無い人が多いから、現場での反発も多いんだとか。

もともと変革教育を受けていない世代の先生に、それを今から取り組んで、生徒に教えなさいって言っても、それは難しいと思います。

すこしでも、現場での取組が進むといいんでしょうが、圧力、忖度がある中で変革を推し進めるのは大変!

…って思ってましたが、他県の事例をみると、ずいぶんと先を行ってる印象。

その差に、とても驚いて、今回の大会でした。