▲ ページトップへ

中小企業のロイヤルティを高めるワクワク系“戦略デザイン”のワクタルです

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

今更だけど、マイケル・ムーアの「Where To Invade Next」を観て、日本の教育について考えさせられた。

2018年12月2日

「Where To Invade Next」より (C)2015, NORTH END PRODUCTIONS

アメリカのジャーナリストであり、ドキュメンタリー映画監督でもあるマイケル・ムーア監督の「Where To Invade Next」(C)2015, NORTH END PRODUCTIONSを観ましたよ。

様々なテーマをもとに、世界各国の現状を訪ねて歩き、白人主義のアメリカを攻撃するための情報を得ていくというストーリーで展開されてます。

中でも、フランスの食育と、ノルウェーの教育については、とても驚きました。一般的な報道でも知ってはいたけれど、現地へ出かけて行っての取材はとてもリアルでした

映画の中では、各国の現状について、アメリカと比較して紹介されているんですが、いかにアメリカが病んでいるかがわかります。

そしてその病んでいる姿は、日本でもあることに気付いたんです。

日本はいいものがたくさんある、と信じたいですが、それに携わる人々がどんどん病んでいることに気付きました。

病んでいるどころか、ウォーキングデッドのように、ゾンビ化しているのじゃないかしら。

日本の教育は素晴らしい、と信じたいです。しかし、現実はそうでもありません。

教育界も病んでいるけれど、実は、我々PTAもまた病んでいるのでしょうね…。

「Where To Invade Next」より (C)2015, NORTH END PRODUCTIONS

映画の中では、ノルウェーの学校の、授業数、宿題の量、子供達の様子などが紹介されています。

「授業を減らして 学力が伸びた」という、あるノルウェーの学校の先生の言葉。

日本の先生がたはこう言うでしょう。

「そんなかんたんにうまく行きゃ苦労しないよ!」

それが正しいのかどうか、私にはわからないんですが、単に授業を減らしただけで学力が上がるとは思えないので、きっと総合的になにかコツがあるのでしょう。

日本の教育、今後どうなるんだろう?