▲ ページトップへ

中小企業のロイヤルティを高めるワクワク系“戦略デザイン”のワクタルです

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

『月夜のデザイン列車』【14】

2010年1月17日

美大の入試試験が終わったのだが、
合格発表まではなんだか落ちつかなかった。

その理由は…
学科試験で睡魔に襲われたことだ。

応援してくれる両親に申し分けないことをした…
アユミは情けなくて、もう諦めようかと思っていた。

入試が終わったこともあって、
飲みに行く友人(未成年だが)も居たし、実家に帰る友人も居た。

だが、アユミはやっぱりデッサンに向かうのだった。

“いまは描くことしかできない…”

アユミの第一志望は武蔵野美術大学の
プロダクトデザイン学科。

日程が違う短期学部グラフィックデザイン科も受けた。
しかし、どとらも手応えがあるような、無いような…

せめて、短期学部にでもひっかかってくれれば…

鉛筆の滑りが良くない。
ファーバーカステルの鉛筆はたまに紙にひっかかることがある。

アユミはステッドラーの4Hに持ち替えて、
石膏像の背後から来る光を紙に写し取っていった。

・・・・・

試験の合格発表は、予備校の授業の日だった。

予備校の入り口に、合格受験番号の紙が貼り出される。
予備校生たちは一斉に群がり、自分の番号を確認する。

アユミはまだ教室で絵の具を溶いていた。

窓の外から聞こえる歓声を聞きながら、
絵筆が走るように、絵の具の水分量を調整する。

「アユミ、見た?」
息をきらせてトモコが教室に入ってきた。

「わたし、受かったわ~!!視覚伝達デザインよ!!」
トモコは第一志望に受かったらしい。

「アユミも見てきなよ!」

「う、うん、でも絵の具溶いたところだから…あとで見るわ」

トモコはスキップしながら出て行った。
友人として、本当によかったと思う。

アユミは平面構成の広い部分を絵の具で塗ると、
合格発表を見に行った。

心臓が高鳴る。

“学科で居眠りしたからなぁ…”
強烈な後悔が胸を締め付ける。

まずは、工芸工業デザイン科…

…無い。

何度も数字の列を見直す。

…やぱり無い。

アユミの中に自責の念がこみ上げる。

そのまま、短期学部のほうの合格発表を見る。

…あった…。

あった!
アユミは目を閉じて壁に額を押しつけた。

よかった…!
なんとか、受かった!

第一志望ではないけれど、
短期学部で2年で卒業だけど、
だけど、だけど…

“ヨカッタ…”

「アユミ、よかったな!」

うしろから予備校の先生の声がした。

「先生、ありがとう!」

「ムサビでもがんばれよ!」

「はい!」

アユミは空を見上げた。
淡い青空のとおくをスジになって吹き飛ぶ雲たち。

アユミの将来がふわっと明るく広がっていくのを感じた。

アユミはその晩自宅へ帰ると
真っ先に実家の両親へ電話をした。

・・・・・

その1ヶ月後、アユミは武蔵野美術大学の
四角いシンプルな門をくぐって登校した。

煉瓦のメイン通路には、様々な服装の学生があふれている。
サークルの勧誘も至る所でやっている。

各学部の前では、新入生が集まっている。
予備校で見た顔ぶれも混じっている。

これからの学生生活。
これからの、ワタシの未来!

アユミはすこしの不安とそれを上回る期待を胸に、
学生生活をはじめるのだった。

>>>>>【14】おわり