▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

小さくはじめる自社のデザイン〈ロゴ②〉

2015年1月7日

昨日、ロゴをつくるときのコツを書きました。
ロゴが無い企業さんでも気軽につくれるように書いたのですが、
“ロゴに自社の思いを込める”という部分がわかりにくかったと思います。
ですので、すこし補足しますね。

自社には“思い”があると思います。
こんなふうになりたい、という思いもあれば、
こんなことを実現したい、とか、こういう会社でありたい、といった概念的なこともあろうかと思います。

たとえば簡単に例を挙げると、
力強く、安定感のある会社にしたい、という思いがあるのなら、
太くて力強いイメージの出せる太ゴシック書体風なのがいいでしょう。

やさしく女性的なイメージを出したいのなら、細くて繊細な形、
スピード感を出したいなら、斜体がかかったもの、
楽しそうなイメージを出すなら、手書き書体風や、立体感のあるもの、
といった風です。

長く使うものですから、とことんこだわるのもいいでしょう。
納得できないものは、使うべきではありません。

ただ…あまりにもこだわるとなかなか決まらないばかりか、
社長のワンマンな思いだけになってしまうこともありますので、
選ぶのは複数の意見を取り入れれば、俯瞰的な視点で見れます。

熱い思いを込めつつも、どこか冷静に検討する、そんな感じかな?

ロゴは会社を表します。
マークもまたしかり、です。