▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

そろそろはじめる、自社でデザイン 〈新商品⑤〉

2015年1月25日

新商品を作ったのだけど、これ、どこに売ればいいんだ?
そんな声をよく耳にします。

特に、助成金を使った場合に多いですよね。
でもある意味、仕方ないです。

だって、助成金は使ったあとに支払われるものが多いですし、
使った内容には “パッケージ代” とか “販促物チラシなど” などが必要です。

だからまず「助成金もらうために作っちゃえ!」ってなるんですね。

ここでアドバイス。
助成金を使うにしても、最初に計画を作りますよね?

そこで、まずはプロジェクトの最初に計画をしっかりと立てることです。
その計画段階ではアイデアがたくさん出てきて、そこから販売ターゲットを設定しますでしょ?

販売ターゲットを検討したら、当然、
そのターゲットにアプローチするための販路を検討しておくんですね。
これはセオリーです。

最初の段階で、アプローチをかけるべき消費者と
接触するための方法も検討しておけば、
「商品できたけど、だれに売ればええの?」て事態は
回避できますね!

…次回は、新商品のアイデア出しについて書きますね。