▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

アイデアやひらめき、直感が降ってくる場所は、3B+Lだった?!

2019年8月6日

アイデアが降ってくる、感覚が冴える場所とは?

アイデアやひらめきが降ってくる場所って知ってます?

よく言われるのは、3つのB、それは、
Bed, Bathroom, Bus なんだそうです。

なーんも考えずに居られる場所は、

・夜寝る前にベッドに入ってから寝落ちするまでの間
・バスルーム(風呂もしくはトイレ)に入っている間
・バス(移動中)で目的地に着くまでの時間

これって日本ならどこなのか?
ちゃんとあります。

・馬上(乗り物ですね)
・床(ベッドと同じ)
・雪隠(トイレですね)

で、私の場合、Lがありまして…
それは、Laundry , コインランドリーです。

目の前でぐるぐるまわる大型の乾燥機がぐるぐる回ってる姿を
ぼうっと見ていると、とてもなごみます。

目を凝らすと、まわっている洗濯物の中に、オッサンのトランクスとかが見えるのですが、そこは無視して…

半濁の目でぼうっとしていると、ふとなにかのひらめきがあったり、アイデアが降ってくることがあります。

たとえそれが無くても瞑想状態になるのか、その後の時間にふと気づきや直感が冴えてくることがあります。

3B+L、おすすめの場所です。

ただ、残念なのは、現代人はすぐにスマホを出して弄りますから、
この貴重な時間をほぼ持てていない人も多いと思います。

意図して空白の時間を持つようにしないといけないですね!