▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

“消費速度を抑える”必要性?

2008年4月19日

デザイン系の雑誌の記事で読んだだろうか??

“消費速度をおさえる”という一文があった。

ブランディングにおいて、消費のスピードがブランドを追い越してしまうときがある。

そういうことについて書いてあったのだろうか?

イイ商品だった!バカ売れした!

で、そのあとは?

ロングテール商品になった?

このへんは、大手企業さんの商品部の方々のほうが

私よりもはるかによくご存じだろうと思う。

私の視点は消費者の目線で考える。

いい商品だ! いけいけどんどん!

で、消費のほうが勝ってしまう。

販促物やPRのPOPをそろえ、一気に盛り上げる。

そういうやりかたもあるが、

それをしないほうがいい商品もあると思うのだが…