▲ ページトップへ

中小企業のロイヤルティを高めるワクワク系“戦略デザイン”のワクタルです

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

店舗ファサードの提案は歴史の理解が大切。

2008年3月17日

以前から相談を受けていた、店舗外装のプレゼン。

周辺へ不特定の聞き込みと、簡単なアンケートを実施したのちに
内容を組み立ててのプレゼンだ。
大げさにならないように、簡略にまとめる。


私はフリーなので、直感で行うデザインには個性が出る。
これがなければ、私以外のところで制作してもほぼ同じ結果になるので
そうなれば私の存在価値が無い。

ただし、その個性に対する裏付けが必要なので、
店舗周辺の歴史や、周辺の景観も調べるのだ。
ここは私が大切にしている部分だ。

マネージャーとオーナーさんに、結論から見せる。

 ちょっと、みんな集まってくれ 

こういう反応があるのは、とても嬉しい瞬間なのだが、
あまり顔に出さないように気をつける。

私が盛り上がってしまうと、周りも興奮しすぎてしまう。

まだまだこれからどうなるかはわからないが、
働くスタッフさんたちが輝く店舗になってほしいとおもう。

歴史あるお店なだけに、そこを重視しないと、
いまは良くてもあとで必ずきしみが出る。
そのきしみはスタッフに表れ、お客さんに伝染する。


スタッフさんはお金以外の魅力もあってそこで働いている。
仕方なくやらなくてはならない部分もきっとあるんだろうが
それだけなら長くは続かない。

その魅力をファサードデザインに表すことができれば、
お店が輝き、きっと周辺地域も明るくなるだろう。