▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

SWOT分析&ブレインストーミング会議。

2008年3月19日

今日はクライアントにて、社内ミーティングのをお手伝い。
内容は、SWOT分析とそれをもとにしたブレインストーミングだ。

このクライアントとは、月1回の顧問契約を結んでいる。

デザイナーがこういう内容でミーティングを進行するのも珍しいと思う。
それに、申し訳ないことに私は経営のプロでは無い。

あくまで私は、顧客目線でクライアントのコンセプトを
明確化するお手伝いをしていると思っている。

デザイナーが経営者さんと一緒になって右脳の部分で考える。
内容は、クライアントさんの規模もあってささいなことがほとんどだが、
最終的には、そこで出たアイデアを経営者さんが判断することになる。

この会議は、スタッフさんも自由に意見が言える場になるので
好評いただいている。

私としてはいつも必死なのだが(汗)、自分のストレッチにもなるので
誠意を尽くしているつもりだ。

このサービスを引き受けるようになったきっかけは
ある企業さんのブレインストーミング会議の司会を引き受けたことにはじまる。

内容は、我々クリエイターが寄ってウダウダ言いながらアイデアを出していくプロセスと
ほぼ同じで、それをビジネスライクに仕立てたものだった。

視点を変え、頭を逆さにして、バカや冗談を言い、ゲームをして遊ぶ。
そんな中からアイデアを抽出していく。

大きな企業さんだと普通にやっていることかもしれない。
また、小規模店舗さんなどでは頻繁に行うのは難しいかもしれない。

しかし、いまやっておくことは
きっと3年後、4年後、5年後に効いてくると思っている。