▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

クライアントさんから感謝のお電話をいただく。

2008年3月28日

クライアントさんから
「ありがとう!」というお電話をいただいた。

想像していなかったデザインがあがってきて驚いたらしい。

まだ仕事は終わっていないのだが、
結果や将来がなんとなく見えてきたのだと思う。

こちらとしてはいつもと変わらないテイストなのだが、
はじめて見るクライアントさんにとっては新鮮に映るのかもしれない。

デザインにかかるまえにああだこうだ言っても、
ずべて架空の話になる。

めの前になにも無い状態で話をするからだ。

だから、「それってこういうことですよね?」って、
簡単なラフやイラストを描く。
デザイナーならこれくらい描けなきゃ仕方がないと思っている。

それである程度合意したら、制作にかかる。
スパンが長い場合はカンプの制作にかかる。

クライアントにとっては、この段階ではまだどういうモノになるのか
わからない場合が多い。

こちらはすでに最終イメージが見えている。

で、はじめてデザインがカタチになったものをプレゼンすると、
新鮮にうけとめてもらえる。

いつもそうとは限らない。
「これはちょっと…」という反応をいただくものだってある。

クライアントにある程度予算に余裕があるときは
こちらも思い切った提案ができる。

そういう場合は結果的に新しい見せ方も多くなり、
それを喜んでいただけたときはこちらも嬉しくなる。

電話代を払って感謝の気持ちを伝えてくれたクライアントさんに
感謝申し上げたい。

ありがとうございます。
私も嬉しくおもいます。

m(__)m