▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

HOMES at FOMES

2008年3月23日

金曜はドタバタとしつつJRの電車に乗って倉敷へ。
倉敷のアイビースクエアの近くにあるFOMESというカフェギャラリーへ行った。

そこへ行くまでには倉敷の商店街を抜け、美観地区を通り、アイビースクエアを抜けた。
どれも雰囲気のいい地区で、とても雰囲気がある。

カフェギャラリーの名は、FOMES design & cafe

建築士でもあるオーナーが自らカウンターに入って、おいしいコーヒーを入れてくれる。

店内もサッパリ!としたあたたかな雰囲気で、つい長居してしまいそうになる。
ここで売られているスコーン(?)と、風変わりなジャムも格別だった。

展示のほうは、HOMES & FOMES
という題で
陶芸の千田雅子さんと、ステンドグラスの尾﨑雅子さんのコラボ展だ。

場所のコラボだけではなく、作品自体もコラボされていたのが良かったと思う。
3月25日までの開催。興味のある方はぜひ足を運んでみていただきたい。

ところで、私は観光地が好きだ。
それも、観光地の日常が好き。

昼間の観光地は人が行き来してにぎやかだ。
それが夕方日もくれてくると、人もまばらになる。

観光地だから日が落ちてからも多少のにぎわいはあるが、
昼間ほどの活気はうせ、しだいにおちついてくる。

これが早朝であれば、ほとんど人もいなくて、
本来の土地の魅力を堪能できる。

私は昔、観光地で働いていたことがある。
長野の乗鞍のちかく、白骨温泉というところだ。

ここで仲居さんのアルバイトをやっていた。
わがままなバイトでずいぶん迷惑をおかけしたと思う。

ここも湯治で有名なところだが、
やはりお客さんが居ない時間帯があり、
その時間というのは、秘境の魅力を身近に味わえるものだ。

倉敷も、日が落ちてからの良さや、早朝の良さがあるはず。
機会があればぜひ家族も連れてきて、妙な時間多に散歩したいと思った。