▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

北川フラムさんの講演会

2008年3月18日

先週末の話だが、
北川フラムさんの「里山から里海へ」という講演を聴きに行ってきた。

主催はNPO法人INSかがわ。
場所は高松美術館。

独特な語り口調の北川さんの講演は、
聴いているうちに引き込まれていって、なんだか熱くなってしまう。

数々の大規模アートプロジェクトを手がけている氏の考え方には
大変共感した。

海外のアーティストが参加、そのスポンサーには外資も入っているとのこと。
グローバルという言葉以外に私の乏しい知識では見あたらないが、
そういう時代なのだなあと改めて感じた。

物語。

これの無いものには、ヒトを惹き付けるチカラは無いと確信している。

安直な物語ではなく、あらかじめ台本のある物語でもない。
そういう物語にヒトは動かされる。
もちろん、私も含めて。

大変な苦労を伴うものだと容易に想像がつくが、
それが大きく膨らんでいくときの感動もひとしおだろう。

先日のフォーラムではじめて知った
イエスコミュニケーションのトム氏が手がける“PINGMAG”。

ものづくりから ものがたりへ。 というフレーズを掲げている。

物語。
予想できない物語ほど魅力的なものは無い。