▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

ワクタルのデザインワークショップ。

2008年4月2日

数年まえより行っている、デザインのワークショップ。

これは、デザインの視点から見た、直感的に体験できるワークショップ。
おかげさまで好評をいただいている。

デザインや企画を考えるときに必要な視点がある。
なにかを考えるときには、おおよそ決まったプロセスで考える。

その視点や考え方を、ゲーム形式でたのしめるカリキュラムにしている。

地元中学校では毎年開催させていただいている。

開催後に生徒さんからいただく感想文には、いつも励まされていたりする。

学校法人さんの進路指導や職業体験、企業研修などでぜひ使っていただければと思う。

昨日も書いたが、直感や感性は理屈ではない。
直感的に、右脳的に考える。
考える、というよりは感じるといったほうがいいかもしれない。

“考えるな。感じろ。”

これは、ブルースリーの映画でのセリフ。

難しそうに聞こえる?!
…みんな毎日直感を働かせているのに?

たとえば、パン屋さんでランチのパンを選ぶとする。

「どんなパンにしようかな~?」

あれこれ悩んだところで、結局、食べたいなと思うものを買う。

「なんでカレーパンなの?」

「好きだから。」

そこに変な理屈は無い。

その「直感」の妨げになっているのは、
多くの場合、実は自分自身だ。

「恥ずかしい」
「嫌だ」
「アホくさい」
「ナンセンスだ」
「なんの意味があるんだ」
「そんなことしてる時間が無い」

そういう気持ちがボトルネックになる。

自分を許してあげればいい。
他人も受け入れてあげればいい。

縛られているものから独立すればいい。
閉じこめているものを解放すればいい。

幼少のこどもたちをみれば、その方法がわかる。