▲ ページトップへ

中小企業のロイヤルティを高めるワクワク系“戦略デザイン”のワクタルです

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

超おすすめ発想法 “だれかから怒られそうなくらいの大胆な仮説” を立ててみよう。

2017年5月29日

超おすすめ発想法 があるので紹介しよう。

それは、“だれかから怒られそうなくらいの大胆な仮説” を立ててみることだ。

 


Photo:_tar0_

 

たとえばこうだ。

 

「自分はその道のプロだ」と自負しているとしよう。

 

しかし、プロフェッショナルには落とし穴がある。

自分はプロなんだと自負している間に、

時代のほうがどんどん進んでしまい、結果的に取り残されてしまう。

 

そうなると、頭が固くなってからは、もう時代についていけなくなる。

 

そこで、大胆な仮説を立ててみる。

 

その道のプロというのは、実は「たいしたことない」と考えるとする。

つまり、プロと言っている割には素人同然である、という大胆な仮説である。

 

すると、以下のようなことが仮説立てできる。

 

◎デザインのプロは、自分の好きなようにしているだけで、その内容は表面的で浅い。

◎住宅設計のプロは、かっこいい設計してるだけで、住んで快適な家を設計するのは下手。

◎学校の先生は、教えているつもりになっているだけで、その教育能力は低い。

◎医療のプロは、医療サービスを提供しているだけで、人間的な深みはない。

◎料理のプロは、すごい料理を作ることを求めているだけで、自慰行為と同じ。

◎運転のプロは、客や荷物を運んでいるだけで、それ以上のスキルは少ない。

◎経営のプロは、会社を大きくすることが上手いが、従業員のことは興味がない。

 

これはメチャクチャで、みんなから怒られそうなくらい乱暴な仮説だ。

しかし、こういった大胆な仮説を立てると、

「じゃあ一体プロってなんなの?」という疑問が生まれてくる。

 

プロとは、なにか?

本当のプロの姿とは、どんなものか?

 

本当はみんな知ってるはずだ。

特に、日本人なら肌感覚で理解しているだろう。

 

一部のプロは高額で、お金持ちだけを相手にすることも知っている。

でも、そんなプロだけじゃなく、身近にもプロと言えるひとが居ることも知ってるはず。

 

こんな大胆な仮説を立てることで、プロを見極める、新しい視点が手に入る。

大胆な仮説は、自分には無かった視点を養うには最適だ。

 

自分で自分の視野を広げることができる

脳内ディスカッションができる。

 

“だれかから怒られそうなくらい”の大胆なアイデア

超おすすめの発想法だ。

1 / 87912345...102030...最後 »