▲ ページトップへ

中小企業のロイヤルティを高めるワクワク系“戦略デザイン”のワクタルです

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

社内の現場担当者が、デザイナーと絡んだ仕事をする場合の注意点。

2018年4月25日

社内の現場担当者がデザイナーと絡んだ仕事をする場合にいくつか注意することがあります。
デザイナーさんと絡む場合の注意点とは、


注意点その1. 対等の関係であること。

デザイナーさんがいくら優れていようと、開発しているのは自社の商品ですから、リスクは企業側にあります。
どうしても慣れない企業さんはデザイナーさんに対して遠慮してしまう傾向がありますが、遠慮は要りません。
◯◯先生、なんて呼ぶ必要もなく、対等の関係でいいんです。
ただ、「カネ払ってるのはウチのほうなんだぞ」という上から目線はやめましょうね。


注意点その2. 丸投げしないこと。

「さあ、お手並み拝見だよ」という企業さんに出会ったことがあります。私は即、辞退しました。
企業側が傍観者になってしまうと、いい結果は出ません。
すべてデザイナーに丸投げで作ってもらうのは、コストがかかりますし、社内の人材も育ちません。
自社でも頭をひねって汗をかくことで、いい成果が出て、社員に自信がついていきます。


注意点その3. マーケティングを理解しておくこと。

自社の商品が、どんなターゲットに対して、どんなテイストで仕掛けていくのかを理解しておく必要があります。
販売するチャネルはなにを使うのか? どんな販促手段なのか?等について、ある程度社内で揉んでおけば、
デザイナーに依頼するとき際に的確に指示できますし、提案されたデザインに対しての取捨選択ができます。
デザイナーからのデザインに対して「パッとしねえな…」とつぶやく企業さんは、大概戦略がありません。


注意点その4. 自社の良いところを把握しておくこと。

自社の強みとい言ってもいいでしょう。魅力といってもいいです。
製造業であれば、社内で一貫加工ができ、他社にはない機械をもっている、とか。
サービス業であれば、業界ネットワークとブランド力があり、社内にプロジェクトマネジメントできる人材がいる、等。
いくら市場にウケそうな新商品が出来上がっても、量産には社内に新しい機械が要る、とか、
全部外注でコストがかかりすぎるとか、専属で貼り付かせれる人材を割けない、なんてことになったら残念すぎます。
自社のいいところ探しを、デザイナーと一緒に検討してみるといいですよ!きっと発見があります。

注意点その5. フィーリングが合うまで複数のデザイナーと会ってみること。

デザイナーはだれかの紹介であったとしても、複数の人物と会うことをおすすめします。
特に、フィーリングが合う人と組むのがいいですよ。人間、肌が合うってことは重要ですよね。
せめて、3人くらいのデザイナーとは話をしてみるといいでしょう。
この時、自社に来てもらうよりも、どこか離れた場所で会うといいと思います。人間性が見えます。
反対に、デザイナーからも見られていますので、断られることもあります。

いかがですか?
デザイナーさんと上手につきあえば、きっと自社の力になってくれると思いますので、
遠慮せずに、どんどん接触を試みてくださいね。

1 / 94912345...102030...最後 »