▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

TOYOTA RECALL(トヨタリコール)

2010年2月14日

今日はちょっと別の視点から書きますネ。
クルマと感性の話です。

(クルマの話ですから、興味無い方はスルーしてください)

いまトヨタプリウスのリコールについて
ニュースになってますね。

今朝の新聞では、タコマというピックアップトラックも
リコールが持ち上がったとか。

数が沢山あるだけに、大変な問題になっているようです。

リコールの問題の内容は、
プリウスのブレーキが一瞬効かないような
タイムラグがあるってことらしいんですね。

で、当初それは、「感覚の違い」だというのが
トヨタの言い分だった訳です。

でも、一般消費者としては、
それは恐怖になったり、不信感になったりしたわけです。

で、私の車。
私はスマートのフォーフォーという車に乗ってます。

デザインが素晴らしいので乗ってるんですが、
ブレーキを踏んでも効きにくいときと、
がくっと急に効くときがあります。

アクセルだって、踏み込んでも走らないときと、
踏んでもいないのに加速するときがあります。

はっきりいって、プリウスの比じゃありません。
ひとによっては、それが「味」となるようです。
私も慣れているので、こんなもんか、と納得しています。

でも、理解せずに乗ると危ないですよね。

プリウスにしろ、私のスマートにしろ、
なんでこんなことが起こるかというと、

いまのクルマはほとんど電子制御です。
人間がおこなった動作に対して、
ほとんどの場合は電子的な介入があります。

たとえば、アクセル。

ペダルを踏むと、どれだけ踏んだかの情報が
コンピューターに入力されて、
それがエンジンに電気信号で伝わるわけです。

ブレーキだって電子的な補助が入る。

つまり、もうすでにバーチャルな操作の
一歩手前まできてるってことです。

で、私のような人間は
これが気に入らない!!

踏んでもいないアクセルを
コンピュータが勝手に制御したり、

ブレーキ踏んでもいないのに
勝手に補助されたりするのは
けしからん!訳です。

人間の感覚を超えて
コンピューターがあれこれ出しゃばるのは
あってはならないことなんです。

いまのクルマって
コンピューターを介入させながら、
どうやって人間の感覚に近づけるかっていうところで
エンジニアが努力してるような印象ですね。

クルマの魅力についてよくわからないエンジニアが
コンピュータ制御をプログラミングする。
そんなのありえないでしょ?

感性に乏しい人間が
ブレーキの効かせ方を決める。
…やめてくれ!

これからEV(電気自動車)が
沢山開発されてきます。

これまでの自動車の概念が
覆される日も近いでしょう。

そんな中で、
人間の感覚をいかに残して、感覚と調和して
感性に響くものが作れるか、というところが
長く愛されるモノをつくるってことです。

移動するだけの車であれば
安全さえ確保されればそれでいいでしょう。

そこに感性的な価値が入ってくれば
日本国内ではなく、もっと多くの人々に
届くものが作れると思います。

私は満足していないんですよ、
いまの日本のクルマに。

高級車買う余裕もありませんから、
その領域のことはわかりません。

クルマ好きとして、
そして、道具使いとして、
本当にいいなと思えるモノに出会いたいな、と思います。

日曜なので
ちょっと広い目線で書いてみました。