▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

SWOT分析には何人がつまづくのか?

2011年10月25日

よく戦略の検討などで使われるSWOT分析

歴史は古くて、1920年代からハーバードビジネススクールで
開発、使われてきたそうです。

いまさら説明も無いのかもしれませんが、
簡単にいえば、

<内的要因>
強み(Strengths)…自分が勝っている部分
弱み(Weaknesses)…自分が劣っている部分

<外的要因>
機会(Opportunities)…社会の追い風
脅威(Threats)…社会の向かい風

なんですが、
なかなか分析できないって人、多くないですか?

項目を抽出するにも、
「そもそもなにを抽出すればいいんだろう?」って思いませんか?

しかもここからさらにクロスSWOTを行うわけですから
そうなるとなにがなんだかわからん!!状態ですよ。

私も7年前にはじめてこのSWOT分析をやって、
なんじゃこら?!わけがわからん!!状態でした。

書こうと思えばいくらでも書けるけど、
それが自分と関係あるのか、いいのか悪いのか
もうなにがなんだかパニックに…

そこで、そんな悩みをお餅の方にアドバイス。

一度SWOT分析をわけのわからんままにやってみて、
自分なりの目標と近いものをいくつか見つけます。

それは各項目のうち、
強みと機会をかけあわせたりするクロスSWOTをすれば
なんとなくの結果が出たり、ヒラメキが現れたりします。

そこで出たいくつかの目標に照らし合わせて、
以下の解釈で再度SWOTを行います。

<自社(自分)のこと>
強み:目標達成に有利な強み
弱み:目標達成に不利な弱み

<自分をとりまく社会のこと>
機会:目標達成に有利な社会の流れ
脅威:目標達成に不利な社会の流れ

つまり、自分がやろうとしていることが
いったいどんな状況に置かれているのかを
分析して把握するわけですね。

めんどくさいですが、
だれかに一緒に手伝ってもらえばラクにできます。

勘の鋭い経営者さんの場合は
あらかじめ目標を決めてからSWOTで確かめてみるといいでしょう。

もっとも、頭の中でSWOTが出来ていて、
だれかに見せる必要の無い方ならそもそもSWOTしなくてもいいですね。

目標が決まってからSWOTをやると

・自社(自分)
・競合
・お客さん

が見えてきますね。

そうすれば
事業ドメインがはっきりしてきます。

環境分析をもっとやりたい方は
SWOTのほかに5フォース分析PESTなどで
無駄なく洩れなくを実践してください。

これでもうSWOT分析も怖くない?!