▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

SEIYUの取組について

2012年3月26日

今朝の日経MJSEIYUの記事がでてましたね。

マルチタスクで「3年間で、1従業員の1時間当たり売上高を
40%伸ばした」という一文がありました。

これは「人事生産性」といって
スタッフが1時間当たりにどのくらいの売り上げを上げるかという
指標のことなんですが、

平均的によく言われるのが、給料の3倍をという目安。
時給1000円なら、3000円は稼いでね、と。

つまり合計4000円を売り上げようよ、ということですね。

人事生産性の指標が一人当たり4000円として、
そこから40%伸ばすと、5600円!

そんなに上がるんですかぃ?!と
これは驚きの数字ですよね。

しかも生産工場ではなくて、お客さんのある業種…
いったいどーやったん?!って言いたくなりますが、
おそるべしSEIYUですね!

私が東京で学生だったころは、
ちょっと高めのスーパーってイメージでよく利用してたけど、

新聞記事を見ると
急激にDS(ディスカウントストア)化してるみたいですね。
販促も思い切ったものになってるし!

すぐにでも近くのSEIYUに足を運んでみたいところですが、

四国内には無いみたいですね(汗)