▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

iPhoneからAndroidへのアドレス帳移行の方法(その後)

2012年2月5日

iPhoneからAndroidへのアドレス帳移行で
苦しんでいる人は多いと思います。

実際、私もまるまる10時間くらいかかりましたよ…

なぜかというと、
iTunesでiPhoneからGoogleコンタクト形式で
データを抜いたときに、いくつかの電話番号が消えるからです。

名前は入ってるけど、電話番号が無い。
もしくは何人か抜けてる。

こういったトラブルが多いんですね。

そこで最終的に私が取った方法は、

1.iTunesでGoogleコンタクト形式でアドレスを抜く。
2.GmailのMyコンタクトに入っていることを確認したら
一旦csvファイル形式でエクスポート。
3.エクセルで手動でデータを修正する。
※この際、電話番号などが無いものは
iPhone片手に検索して確かめながら修正。
この作業が泣けてきます…
長い間連絡とってない人はこの際に削除(ごめんなさい)
4.GmailのMyコンタクトから、修正したcsvデータをインポート!
5.あとはAndroid携帯のアドレスは勝手に同期してくれます!

あー、これ本当に大変。

でも、勝手に同期するとか、アカウントを複数設定できるとか、
フェイスブックとも同期されてるし…

便利なんだけど、これ、
セキュリティ設定してないとヤバいですね。

公開範囲とか自己責任だし…
怖い世の中になりました。