▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

H.I.S.「全国旅市場」サイトの紹介

2012年1月21日

先日、私が現在所属しているNPO「四国スイーツ88推進委員会」で
ミーティングがありました。

そのときの特別ゲストでいらしてくださった、H.I.S.の美人スタッフさんが
自社の取り組みを紹介してくださいました。

それは、H.I.S.「全国旅市場」というサイトです。

全国の厳選された地域特産品やお土産をご紹介・販売するショッピングサイトで、
まだ立ち上がったばかりなのだそうです。

これから充実していく予定で、
今後は「食」をキーワードにしたイベントなども展開するそうです。

今後が楽しみなサイトです。
なんといっても、旅行とセットにできる点がいいですね!

旅行の楽しみのひとつにお土産があるでしょ。
でも、沢山買うともって帰るのが大変。

ナイロン袋や紙袋も下げてるってのもなんだかスマートじゃないしね。
だからまとめて送るっていうことを考えるんだろうね。

じゃあ、買い忘れはどうする?ってことになる。
自分は帰っちゃったわけだから、もう買えないよね。

思い出に浸ってるときに、お土産が手元にあったら楽しいし、
いろいろ取り寄せてみたくもなるしね。

ひとに話してたらそれ欲しい!ってなったときに、
いちいち楽天で探すのも面倒。

そんなときに、絶対美味しい!ってものがお取り寄せできるサイトが
あるととっても助かるわけですよ。

そのサイトが、自分が使った旅行会社のサイトにあるとこれまた便利。

カメラで取った画像と行程が時間軸でリンクしてる
クラウドサーバーサービスとかあるといいよね。

100年保証とかいって、新婚旅行の写真とかも
時系列でスライドショーになって保存されてるとか。

有名などこかの場所に行ったなら、それを楽しむダケじゃなくて、
なにかオプションが欲しいよね。

泊まったホテルの料理もいいけれど、地元のおいしい店や
おいしいお菓子の店にも足運んでみたいじゃない?

地元の「いいとこ取り」の暮らしを疑似体験したいじゃない!笑

過去に行った地域で新しい特産品やお土産が出来たら
メールかなにかで知らせてくれるといいよね。

ほかの人が自分と同じ観光地へ行ったら、
どこかの場所を「いいね!」したことがわかるとか。

そろそろフェイスブックが面白くなくなってきたから、
新しい形のコミュニケーションがしたい欲求があるね。

ただ、これ、机上の空論アイデアだけで、
じゃあそれやるお金どうするんだ?ってハナシなんだけど。笑

H.I.S.さんならできるのかなぁ?