▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

40番札所、観自在寺と宇和島ちゃんぽん

2009年11月2日

宇和島の観自在寺。
Image140

時間が無かったので門の前まで…。

中をあるいてみたいな~

さて、そのあとは“食い気”!!

きさいや広場へ直行して

“宇和島ちゃんぽん”を食べるんだ~!!

四国でちゃんぽんといえば

八幡浜だとっばかり思っていたんですが、

宇和島にもあるんですか?

…あるんです。

Image142

きさいや広場の食堂。

食券のシステムがわかりにくくてオロオロしてたら

お店のスタッフさんが丁寧に教えてくれました。

Image143

これだー!うわじまちゃんぽん!

宇和島商工会議所の方に教えていただいたこのメニュー。

食べると…うま~い!!

そしてこれが、『なつかしい味…』なんです。

そういえば小さい頃、

母親が作ってくれた焼き飯もこんな味だったっけ。

その炒めご飯には小さく切ったじゃこてんが入ってて…

そんなこと思い出してたら胸がしめつけられてきて…

「おかーさーん!!」と叫びはしないけど、

無償に親孝行したくなってきた。

食堂のおっかさんに

「これメチャうまですわ!親孝行したくなる味や!」と伝えて店を出る。

“じゃこてんをお土産に買うんだ!!”

しかし、特産品売り場の照明が消え、

ちょうど店員さんが事務所にはいっていく…

しかたなく宇和島の街を車で走る。

でも、売ってる店が見あたらない!

じゃこてんはどこで買えばいいんだぁ~?!

30分ほどぐるぐる市内を走るが

どこにもじゃこてんの店は見あたらない。

商店街の駐車場に車をとめて

きさいやロードを歩くこと10分。

ようやく1件の店でじゃこてんを買いました。

「このじゃこてんの手作りってのは、なぜですか?」

「ああ、それはハランボじゃけんよ」

「ハランボ?」

(頭の中ではムエタイの戦士がキックを繰り出している)

>>>それはチャランボ

「ちいさい魚なんよ」

「そうなんですか?」

なんでハランボなら手作りになるのかは不明のままだが、

とにかく最高に美味しそうだ!!

まだ起きているであろう私の母へ届けるために、

飯尾よ、急いで西条へ帰るのだ!!

かくして私は2時間の道のりを爆走して帰ったのでした。