▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

社長の商売哲学を聴く

2010年1月13日

個人商店の社長さんと一日同行する機会がありました。
自動車の中でも、交通機関の中でもずっと一緒。

この社長さんとは、年に数回、
朝から晩までの同行をさせていただいています。

それだけ一緒にいると、正直しんどい…いろいろ学びがあります。

特に、会話は絶好のヒアリングの機会でもあります。

“右肩下がりの世の中で、売上げを維持している理由は?”
“固定客さんが離れないのはどういう理由ですか?”
“広告していないのに新規客さんが集まるのはなぜですか?”

聴いてばっかり(笑)

いろいろな社長さんとお話をしていると、あることに気がつきます。

それは、『商売の基本』です。

優れた社長さんはかならず、この基本をもっているようです。
特に、小売り業の方は、この基本を忠実に行われています。

“その商売哲学のようなものは、どこで身につけたんですか?”

そういう質問をすると、たいていの方は

“人のご縁かなぁ…”
“出会いかな?”

とおっしゃいます。

特に四国という地方都市では、人の繋がりの濃度が高くなりますので
PRも苦手、マーケティングなんてしらない、そんな方でも
しっかりと固定客さんを握っているんですね。

私はデザインの分野に居ますが、
こういったヒアリングの機会をいただけることは幸運なことです。
私を信用して、いろいろ教えてくださることに感謝です。
(同行がおわると、ぐったり疲れますけど…笑)