▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

「業者に頼んだようなユニフォームはやめてください。」

2008年5月16日

夏といえばTシャツ。
これからの季節、Tシャツ屋さんはおお忙し。

スタッフや社員さんでユニフォームを揃えたりするには
Tシャツやポロシャツのコストパフォーマンスは高い。

ネットで検索しても、オリジナルTシャツを製作してくれるところは
いくらでもある。

今日のユニフォームの打ち合わせにて、クライアントさんから
「業者にたのんでつくりました~!みたいなのは絶対にやめてくださいね。」との言葉。

「みんなでユニフォーム揃えてます~☆」 とか、
「オリジナルで差をつけろ!!」 というようなのはダサい、と。

学生の部活動じゃあるまいし、仕事するのにそんなダサいノリは嫌なのだそうだ。

…私がそんなのデザインする訳ないじゃないですか(怒!)

近頃は、仕立てから作るというユニフォームが増えてきた。
ユニフォームのオートクチュール?だ。
PB(プライベートブランド)的な展開になる。

反対に、様々な型をそろえて差別化したプレタポルテ?も増えた。

そうでないところは低価格路線が多いような印象だ。

スタッフユニフォームで大切なのは、

1,着ることでお客さんから会社(店)がどう見えるのか?
2,着ることでスタッフにどういう変化があるのか?

したがって、センスの一方的な押しつけはNG。
カッコイイ!と思えるものがいい。

ただし、多数決で決めるのは危険なので
最終判断は必要だ。