▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

鳩山総理のツイッター

2010年1月10日

ツイッター、すでに楽しまれている方も多いと思います。

すこし前に、鳩山総理がつぶやきをはじめたというニュースが
ありました。

それに対して野党などから、
「そんな暇があったらほかにやることあるだろう?」という
批判がでていました。

実際の鳩山さんのつぶやきは
まだほとんど投稿が無い状況ですし、
指示(フォロー)も700弱(1/11現在)。

勝間和代さんのつぶやきと比べると
ツイートしていると言えるほどではないのかもしれません。

そんな暇があったら…という程でもなさそうです。

これによく似たことが、いまから15年くらい前にもありました。
それは、インターネットです。

会社にはじめてパソコンのネット端末が置かれたときのこと、
「パソコンの画面見て、なんも仕事してないよ」って上司に睨まれてたのが、
社内のIT化を推進する部署に育ったりしてませんか?

ここ10年くらいの世の中のものは、すこし時間が経つと
どうなるかわかりません。

大きく育つこともあるし、まさか!の衰退をするものもあります。

「ツイッターでつぶやいている暇があったら…」というのは
政治的な言動だとは思いますので、それに関しては興味がありません。

ツイッターでつぶやいてみようという鳩山総理にはも
考えがあってのことだと思います。

やってみるのはいいことだと思います。
(やってみることと、氏の政治手腕は別物だし~。)

(私の場合、ツイッターに登録してみたものの、
どう取り組むかまだよくわかっていません…笑)