▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

野村町のシルクの糸

2010年2月3日

愛媛県野村町といえば、シルクの街です。

一昨日、仕事(?!)で行ってまいりました。

 

野村町シルク博物館。

ここではマユから糸を取り出して、機織りしています。

世界から研修生が勉強に来ています。

(日本ではここだけ?)

 

シルクの生地をつくるのには欠かせない、 シルクの糸。

野村町はその生産地なんです。

 

シルクは蚕(かいこ)の幼虫がつくるマユから採れる糸なんですが、

要するに、蛾の幼虫が吐くタンパク質です。

 

特に、国産の絹(シルク)の糸は非常に質が高く、 高価です。

 

 

左は通常の絹の糸、

右の緑のものは天然の蚕の糸。

超貴重品です。

 

天蚕のマユ。

桑の葉の色がそのままマユの色に…。

 

海外産に押されて、だんだんと養蚕農家さんが少なくなって

いまは8軒くらいなんだそうです。

 

絶えてしまわないように、なんとか産地として

復活してほしいものです。

 

草木染めで染められた糸。

最高に美しい色と質感です。