▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

進化する額縁。

2009年4月16日

進化する額縁・・・

ちょっと強引ですが、
デジタルフォトフレームについてです。

各社いろんなデザインのものが販売されています。
価格も数千円~数万円といろいろ。

え?
デザインの話だって?

フフフ、違いますよ。

ワクタルはデザイナーを名乗るのをやめようと思ってますから。
なんたって、悪の新興秘密結社ですからネ、うひひにひひ

デジタルフォトフレームよりも
もっと大きく飾りたい!

もっとキレイに見たい!

と思うと、その先にあるのは・・・

そう、大画面テレビ。

音も出て、
画像もキレイで、
テレビだって見れる。

理想的でしょ?

しかし!

デジカメの画像ではテレビの解像度に負けてしまって
その美しさを堪能するにはお粗末ですよね。

もっと美しく観たい!
・・・となると、

表示するものを買うしかなくなってきます。

だって、テレビはどんどん高解像度化してるんですから。

そうなると・・・
レンタルモデムのような物体が
テレビについてきて、
そのレンタル料を定額払えば見放題?

もしくは、

テレビにあるボタンがついて、
それを押すと
オンデマンドで
画像や映像が課金されて落とせる・・・

あれ?

これってレンタルビデオの世界だぞ!?

というわけで
大手レンタルビデオ会社さんのコンテンツが
充実していくのでしょうか?

もしくは、
ハイビジョンのプライベートカメラが浸透して、
ライフスタイルとしてのプライベート番組のチャンネルが
なんらかのVODで配信、または購入するなんてことに
なるのかしら。

地元ケーブルテレビさんが
参入してくるのかしら??

パソコンのモニタの壁紙のように
大画面テレビの壁紙需要があって、
そこに広告やメッセージが流れるという、

観ていない時間も、額縁にはいった背景画として
観ているという・・・

しかもそれを“買って”いるという・・・

おそろしい時代だ。。。

その反面、

純粋な絵画の需要も高まりますよね!

ワクタルはそっちのほうが好きなんだけどな~ニコニコ

デザイナーの妄想でした音譜