▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

赤字でも、払わないといけないお金があります。

2020年2月6日

借入金の返済が年間2000万円…。
多額の借金を抱えている企業さん。

お金のブロックパズルⓇで、会社のお金の現状を整理したところ、
次年度は赤字に転落することがわかりました。

お金のブロックパズルⓇを知っている方や、
私のセミナーで学んだ方ならわかると思いますが、

たとえ赤字になっても、払わないといけないお金があります。

それは、
各種税金、消費税、そして返済金です。

これらは、赤字だからといって待ってくれません。

税金の滞納は論外として、
銀行の返済を待ってもらうことはできるかもしれません。

経営改善計画を立てて、返済計画を練り直して、
銀行さんに頭を下げにいくことになります。

過去に何度か返済を伸ばしてもらっている企業さんの場合、
それは非常に難しくなります。

そうなる前に、しっかり管理しておかないと、
いざというときのヘルプを得られないことになります。

借入金2000万円の返済なんか楽勝!な企業は別として、
そこまで借りてよかったのかをしっかり反省する必要がありますね。

残された道は、返済期間の延長の交渉、ということになりますので、
荊の道になります。