▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

読み聞かせを泣いて拒否られる…

2009年5月3日

うちの長女の小学校では
朝の時間の読み聞かせをやってます。

その読み聞かせをしてくれるひとを
募集してるらしいってんで

「じゃ、僕が引き受けるよ」って言ったの。

そしたら娘が
「お願い、来ないで!」

?????
なんでだ?むっ

「なんで?悪いことしてないよ?」

「嫌だ-!プンプンあせる

小学2年生の娘は
涙流して母親にだきついてます。

よく聞くと
おとうさんが学校に来るケースが無いので
はずかしいんだそう。

うちの家庭は
奥様もフルタイムで働いてますから
私が参観日なども行ったり、懇談会に行ったりします。

別におかしいことじゃないじゃないか!と
思うんですけどね。。。

娘に泣いて拒否されたら
仕方がない、、、か。。。

おとーさんはちょっぴり寂しい…汗汗汗

でも、
息子の保育園って手があるなニコニコ

彼なら喜んで来て欲しいハズ。

保育園の読み聞かせデビューの日は
近いゾ!

フフフ~得意げ