▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

説明のしようがない感覚。

2009年3月20日

これ、まだ私がサラリーマンデザイナーやってた頃の話です。

デザインしたら、その説明としてのコンセプト書を作ることがあります。

そのとき、感性がビシバシはたらいてデザインしたものについては
なかなか文章に表せないんです。叫びあせる

口頭で説明しようにも、
「なんか、、、私にとってはなんかわからないんですが、いいんです」
なんて超曖昧な説明になったりして。ガーンあせる

そしてもうひとつ、始末におえない癖がありました。

それは、
言葉で説明が出来た時点で飽きる。という悪い癖。

感性を一生懸命に言葉に表すんですが、
表せちゃった時点でなんか一気に冷めるというか。

逆に、
なんだかわからんけど、たのしい~ニコニコという場合は
気がつけば出来上がってることがほとんどでした。

悪い癖ですね、笑!にひひ