▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

西条まつり ~玉津橋付近~

2009年10月17日

我が愛媛県西条市は今週は祭りウイーク!

神さんの御輿。アンチ国旗、国歌の方々もお祭りには参加してるんでしょうか?

神さんの御輿。アンチ国旗、国歌の方々もお祭りには参加してるんでしょうか?

いちづかかきくらべ

市塚と喜多町のだんじりかきくらべです。この方、最高にいい顔してます!

市塚と喜多町のだんじりかきくらべです。この方、最高にいい顔してます!

塗りのだんじりに夕日が当たって神々しいです!

塗りのだんじりに夕日が当たって神々しいです!

今日は西条祭りの本当の魅力について

すこしだけ語りたいと思います。

10日から始まった西条祭りは、

石岡神社祭礼、加茂神社祭礼を終え、

昨日の“川入り”を終えた伊曽乃神社祭礼で、

一旦の区切りになります。

そして、残すは今日の飯積神社の祭礼になりました。

今日の夕方には河原にて太鼓台の一斉かきくらべがあります。

ウチの子供たちは

朝からダボシャツ(まつり衣装)に身を包んで躍ってます(笑)

あのですね、、、

西条まつりは豪華絢爛とかって言われてますが、

最大のおもしろさは、その【物語性】だと思うんですよね。

五穀豊穣の神さんを地元にお招きして

最後に加茂川にてご神体との別れを惜しむという

基本的なストーリーがあって、

そこからさらに沢山の地区地区の物語が生まれていきます。

なんとも心あたたまる物語でしょ。

歴史も古く、西条を治めていた松平藩主も奨励した、260年ほど前から

続いているものなんです。

豪華絢爛、勇壮…

そんな言葉では感動できません。

そんな客観的な言葉では、物語にスポットは当たらないんです

日本全国にはいろいろな歴史あるお祭りがあります。

どれも、歴史やスピリッツ、ルーツ、そういったものを無視できない祭礼だと思います。


最大の魅力は何か?

受け継いできたものは何か?

次の世代に遺すべきものは何なのか?

そういう視点からみると、

まだまだ西条祭りは発展していく要素が

眠っていると思います。

あなたの会社には、

受け継いで、遺していく物語はありますか?