▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

製造業の未来。

2009年6月3日

製造業の現場へ行く機会がありました。

日本の製造業が、
いまの日本の土台を造ってきましたよね。

その製造業が
不況に苦しんでます。

では今後はどうなるんでしょうか?

今日、岡山のおおきな製造工場の総務の方と
おはなしさせていただいたのですが、

ものづくりは
もはやアジアへ移行してるんだそうです。

その流れは
もうすでに10年も前にはじまっていて…。

このままいくと
製造業の出稼ぎで、アジアへ行く日本人も
でてくるんじゃないかなぁ…って(!)

そういえば、中国でのデザイン学校が
2000校(!!)を超えたそうですが、

世界の企業のデザインを扱うブレーンが
アジアに居て

その企業の日本支社のブランド化を扱う、
アジア人デザイナーのディレクターが居ることが
あたりまえになって、

彼らが、日本の文化の曖昧性や豊かな感性を
消費者に伝えるためのデザイニングを司る、
なんて構図が普通になったりするのかなぁ。

というか、もうっすでに中央の大企業では
そういうのってあたりまえになってるんですかぁはてなマーク