▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

衣服が縫えるというすばらしさ!

2008年7月8日

今治はタオルの街。
最近は有名ですよね。

実は縫製の街でもあるんです。

先日お会いした婆娑羅さん

宇野縫製さんとしてもご活躍です。

白いシャツの縫製サンプルを仕上げてきてくれました。

その出来映えにびっくり!
縫い方から機能性、ライン…
説明を聞くたびに、へぇ~の連発でした。

普通に暮らしてて、衣服を着ない人はいないでしょ?
(一部の外国を除いてですが…)

衣服は寒さや外傷から守ってくれる機能もあるし、
裸=恥ずかしい、失礼という概念からも必要です。

そして、個性を主張する個人メディアでもありますよね。

だから、衣服に求められることは沢山あります。

そんな大切なものを、一枚の布から縫えるって、
ものすごいクリエイティブだと思いません??

今治には、実は大手ブランドのOEMもされている縫製企業さんも多くあります。
腕と技ならいくらでもあるんじゃないでしょうか??

地元の宝だなぁ~と思いました。

服って、ちょうどいいものってないですよね。
プレタポルテの中から合うものを見つけるんですが、
どっか妥協が必要だったりします。

婆娑羅さんとの出会いは、
いつかオートクチュールをオーダーしたいなあ~と、夢がひろがりました。
(^o^)