▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

私もかつてそうでした。

2009年2月12日

うわー!
パソコンが落ちた!

長文書いてたのにーーー!!!
ビルゲイツのバカヤロー!!
資産分配しろ~~
(関係ない?)

どうもVistaのfirefoxとgoogleがコンフリクトしてるみたい。

さて、
気をとりなおしてもう一度。

今治でのセミナー、
今回は難しかったでしょうかはてなマーク

WAKTAL

みなさん悩まれていました。あせる

次回は説明できなかった事例と併せて
しっかりやりますからね、
安心してくださいネ!グッド! ニコニコ

今回は
コーチング的な内容をしっかりと
やりました。

WAKTAL

「気づき」の部分ですね。

ここは
自社内で販促について浸透させていくときに
絶対避けて通れない内容です。
(意外にも、育児にも共通点あります音譜

みなさんもたくさんの気づきがあったと
思います。

そして、
売り手目線、買い手目線の切り替え
なかなか難しいですよね。

私もかつては
売り手目線バリバリでした。

特に創業当時。

参加したITTSPというIT導入の研修では
事業計画をまとめることができないばかりか
SWOT分析についてもチンプンカンプン

なにひとつわからない
落第ダメダメ参加者でした。

でも、そういうダメ参加者の私でも
終了証書をもらうことができるんですね…汗

教えることは教えたから
あとは知りませんってか?!

終わってからは
はげしい自己嫌悪。ガーン

なんも知らないで
カラ振り営業ばかりして
仕事は無い…ドクロ

相談に行った地元の
女性経営者には
ボロカスに言われる始末。叫び

正直、泣きました。

激しい無価値感。

かなり昔に
松山で飛び降り自殺しようとした私ですが
死ぬ勇気も無いまま結婚して
子供までいる…

当時幼かった娘の寝顔の前で
「こんなおとうさんでごめんね…」
泣きました。

本当に情けなかったんです。。。

そんな悔しさが
いまの私のバネのひとつになっています。

人間の原動力は
幸福になりたいよりも
負けたくないとか、雪辱を晴らしたいという
エネルギーのほうがはるかに強いんです。

そのエネルギーを
攻撃に使うのか、ひとのために使うのかで
勝敗は分かれます。

斉藤ひとりさんの話に
ビジネスは殺しっこじゃないよ、

活かしっこだよ、
という内容があります。

そのとうりだと思います。



私がかつて受けた講習で感じた、
落ちこぼれ感や、自分の無価値感を
セミナーの参加者さんには
絶対に感じてほしくないんです!

ですから
聞いてくれた方には
サポートを必死で行います。

最後には
明るく希望を感じて修了してほしい!
そう思っています。メラメラ

さ、さ、実例資料をまとめなきゃ。ニコニコ