▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

男スイーツ。

2009年4月15日

男スイーツって、なかなかいい響きですよね。

男がスイーツの店に入るときの条件、
ちょっと考えてみましょうか(笑)

まずは、

1.彼女、もしくは奥さんと一緒に、半ば連れてこられつつ入る。

2.記念日のために、噂を聞いて…といいつつ入る。

あたりが多いのでは?

“本当は○○なんじゃないの~?!” っていう視点で考えれば、
いろいろとみえてきます。

視点コロリズムですね(笑)音譜音譜

この、入りにくさを逆手にとったのが、
駅などのターミナルですね。

いわゆる露面店です。
これなら自然に入れます。

成田スタースイーツ(だったかな?)の事例も
これにあてはまりますよね。
(今朝の日経MJにでてました。)

男がスイーツ店に入るための条件としては
ほかにも、

3.え?こんなオッサンがこの店に?という違和感を楽しむために入る。

4.エマージェンシー事態としてお手洗いを借りる?!

5.そのスイーツよこせ!!と強盗に入る。


などもあります。にひひ

私のスイーツに対する希望としては、

甘すぎなくて、できればあとひとまわりくらい
小さいスイーツが欲しいなぁラブラブ!

箱はダークブラウンで、
それをそーっと水平に持っている男って
かっこいいと思いません??ニコニコ

“あのひと、あの男スイーツ、誰と食べるのかしら目?”
なーんてねべーっだ!