▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

田植えしながら、農業のIT化について考えた。

2013年6月2日

小さい田植えしてるイイオ

今日は田植えでした。
妻の実家のお手伝い。
ちょこちょこだけど、もう14年やってます。

いま、農業のIT化がどんどん推進されてます。
自然が相手の農業、IT化するのはどうすればいいか?と
悩むことも多いと思います。

私もいろいろと手伝ってみて、はじめてわかることがあります。
なるほど農家さんの知恵だなぁ~と感心することも多いですが、
あれ?なんで毎回そんなやり方するんだろう?とか
それって勘だよね?って思うことも多いです。

農業は本当に大変。
だからこそ、作業の一つ一つのムリ・ムダムラを取り除いていけば
もっとほかのことに使える時間が生まれます。

IT機器をベンダーがイイ値段で売ろうとするからいけないんです。
家電店で買ってきて、エクセルがあればいいんです。

なにをするかが明確になりさえすれば、
ちょっとづつやればいいんです。

市場流通の中にいるのなら、
ウェブページとか、ショッピングカートとか、あとでいいんです。

もっと先にやるべきことがある。
つまり、利益の出る体質になることのほうが先だと思います。

そのためには、経営視点と戦略が基本ですが、
そこのITを導入すれば必ず変わります。

そう思いながらの、今日の田植えでした(笑)

農業はもっと先に進むことが可能だと思います。