▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

犬島精錬所に酔う!!(シブヤ大学アーキペラゴ)

2008年10月13日

高松をチャーター便で出航すること1時間。
犬島の精錬所煙突が見えてきた!

船上でみんながどよめく。
歓声というよりは、ため息…。

その圧倒的な廃墟の歴史感に、皆言葉を失ってしまった。

えー、犬島へ行ってきました。
これは、

シブヤ大学ツーリズム10 『アーキペラゴ~多島海社会~@香川』

プログラムD 『瀬戸内海は岩石の結晶(地球の骨)が織りなすアート ~石の歴史と芸術を探る~』


です。

そのうちの1日だけ、特別に参加させていただきました。
(プロダクトデザイナーの秋田さまからお声をかけていただきました。ありがとうございます!!)

1日の出来事はとんでもなく深い濃い内容で、全部を書くと大変な時間がかかりそう…

というわけで、写真を掲載しますので、内容は想像力をはたらかせてください。(^^ゞ



高松を出航~



シブヤ大学

の参加者さんたちと一緒の船です。



ほとんどが東京からの参加だそうです。



Home Island Projectの面々も居ます。


途中、撮影タイムを経て犬島着。



焼き杉の外壁が美しい
犬島アートプロジェクト

事務所。



運営は、
直島福武美術館財団




建物、美術館の設計は三分一博志建築設計事務所。


海岸で見つけた貝。見たこと無い貝です。



この海岸にはゴミがほとんど無いんです!



相当に手入れされているのでしょうね、さすがです。

経済産業省の進めている近代化産業遺産
の犬島精錬所。


廃墟を残し、管理しています。



遺産、建築、アート、そして環境。



それらが絶妙に融合しています。



(行かなきゃわからないかも…。)


犬島ミュージアムカフェにて。


井上誠耕園

のすももジュース。



甘くて、ほのかにすっぱい味。



これは瓶とパッケージがいいですね!



このデザインに一同ヤラれて買っちゃいました。



現在は廃校して自然の家として利用されている



旧犬島小学校の教室にて。



そこで急遽、ニューヨーク在住の
川島猛先生

の講義!



(先生は今回のツアーに参加されていました。)



起立!礼!着席~!







ここから我々は別行動。


小豆島ふるさと村にてワークショップを開催中




デザイナーの河田さんにお会いしました。



(秋田さんの大手家電M社勤務時代の元上司さんだそうです。)




ハーブティーをごちそうになりました。



美味しい~~~



感性について貴重なお話を聞かせていただきました。



また、私の考えも聞いていただき、感性談義となりました。





帰りの小豆島発のフェリーから。



ホワイトバランスが狂って、早朝みたいになりましたが、



夕暮れです。これはこれでキレイなので掲載。

これにて見学ツアーは終了です。
帰りの道中では、秋田さんの貴重なお話も聞かせていただき、
とても勉強になったのでした(^_^)b

あらためて、関係者のみなさまにお礼申し上げます。

ふ~!
沢山写真掲載すると大変です…
今日は休日バージョンということで。。。

明日からまた普通にもどるかも、、です(^_^;)